作成者別アーカイブ: 点滅男

点滅男 について

名古屋の大学で数学科院生をしてた人。とうとう社会人になってしまった。

通勤車

バレーノで通勤して半年が経過した。

日本での存在感の無さから候補にすら挙げられないだろうが、バレーノは経済性と通勤時の快適性を両立している車だと思う。
そこで、通勤車としてのバレーノの実力を、以下の観点から述べていきたい。

①初期費用
②維持費
③走行性能
④快適性
⑤総評

私筆者の通勤車のスペック、および通勤状況を以下に記す。

通勤車スペック
車種 スズキ・バレーノ
グレード XT(セットオプション装着車)
エンジン 1.0L 直列3気筒ターボ
トランスミッション 6AT
使用燃料 ハイオク
通勤状況
通勤距離(片道) 50km
年間走行距離 20,000km
走行割合 幹線道路50%、高速道路50%
渋滞遭遇頻度

①初期費用
評価:5.0/5.0
年間走行距離が20,000kmを超えるため、下取りよりも初期費用の安さを重視した。
バレーノの場合、元々の価格が安い。
16インチアルミにプッシュ式エンジンスターター、ディスチャージヘッドライトはもちろん、自動ブレーキにシートヒーター、追従式クルコン、本革シートまで付いて170万円。
同じスズキのスイフトに比べると知名度も人気も無いため、ディーラーの試乗車落ちを狙いに行くと、更に30~40万ほど安くなる。
軽自動車でも下手すりゃ200万円する時代に、欧州Bセグのスペックが100万円台前半で買えたのは良かったと思う。
というか、スズキに150万以上は出したくなかった

②維持費
評価:4.5/5.0
燃費は想像以上に良い。
燃費計は、カタログ記載値(JC08モード燃費20km/L)を超え、21~23km/Lをマーク。
エアコンを全開にしても、20km/Lを切ることが無い。
使用燃料はいっちょ前にハイオクではあるが、1回の給油額が約4,000円(投稿時)なので、経済的、精神的負担も少なめ。
自動車税、重量税とも3ナンバーの癖に普通車最安(※ケータハム除く)なのも嬉しい。

③走行性能
評価:5.0/5.0
典型的なダウンサイジングターボ、という印象。
ターボの主張が少ない大排気量エンジン的な振舞いなので、街中でも扱いやすい。
車体が軽いのと、低回転からトルクが出るおかげで、基本的には2,000rpm以内で十分走れる。
ただし、アクセルを踏み込んだ時の加速は中々。
6速を保持した状態でも十分加速するが、4、5速に落とした時は強烈。
CVTとは違ってタイムラグがないのも良い。

高速域の直進安定性は、車重を考えると意外にも良い。
ステアリングも適度に重みがあって、ムダにスポーティに振ってない所も私好み。

④快適性
評価:4.0/5.0
静粛性はかなり良い。
元々高回転を使わないというのもあるが、遮音がしっかりしている。
停止時も、アイドリングストップ非装備なのに車内に入るエンジン音は皆無。
このため、音楽をストレスなく聴けるのは嬉しい。

サスは、全域で硬めである。
速度を上げると振動がきっちりと収束する所は、欧州をメインとした車ならではだと思う。
ただし、繋ぎ目での突き上げなど、ストローク不足を感じる場面がある。

シートは、厚みがなく、硬さも座面、側面とも均一なタイプ。
座った時の沈み込みが少ないので、腰への負担が来そうではある。
あと、高さ調節範囲がもう少し欲しいと思った。

高速巡航時のクルーズコントロールは本当に便利だと思う。
車間距離を保ちながら速度を調整するのは良いのだが、意図しない加減速時は気持ちが悪い。
1台先の車に合わせてアクセル、ブレーキを踏む様は、初心者時代の運転を思い出させてくれる。

エアコンの効きは桁違いに良い。
生産国であるインドでの嗜好に合わせているのか、風量最弱でも強烈な風を吹き出す。
黒内装の本革シートという最悪条件だが、すぐに快適な温度になるので、この夏はかなり世話になった。

⑤総評
評価:4.5/5.0
通勤車としての実力は高い方だと思う。
唯一ハイオク仕様なのが気になるが(※)、20km/L前後は普通に走るし、交通費も赤字ではないので問題はない。
※2018年5月の仕様変更以降はレギュラー対応
ただし、リセールバリューは良くないので、5年or10万km以上乗る覚悟は必要であろう。

広告

黒潮(春日井)

「焼き穴子丼」(950円)を食べてきた。

穴子は、表面が香ばしく焼き上げられている。
身は柔らかく、それでいて厚みもしっかりある。

穴子とてそれなりの値段はするはずだが、この価格で頂けるのはお得ではないだろうか。

店の外観的にお高そうな雰囲気はするが、ランチは結構リーズナブル。
日本料理居酒屋らしく、海鮮丼や焼き魚の定食もある。
鶏天風の唐揚げ定食も中々。

満足度:5.0/5.0

フクフクマロマロ(春日井)

勝川駅前商店街にある店で「特製カレーランチ」(ドリンク、デザート付・890円)を食べてきた。

カレーは、スパイスの辛味よりもトマトの酸味を楽しむタイプ。
長時間煮込んだ牛スジの食感も良く、家では中々食べられないカレー。
素揚げした野菜が添えられて、見た目にも良い。

隣の写真屋の御夫婦が切り盛りされるこのお店は、新しくもどこか昔懐かしい雰囲気がする。

ランチは、カレーか日替わりメニューが選べる。
ディナーは、お酒と一品料理が楽しめるそうだ。

カレー以外のメニューも食べてみたいところである。

満足度:4.5/5.0


セットのサラダ。ドレッシングが良い味してる。


箸袋。猫が可愛い。

車を購入

スズキ・バレーノを購入した。

通勤でそこそこ長距離を走っている現状、燃費が(悪いとは言わないが)良くなく、老朽化が始まってきたデュアリスでは限界を感じていた。
そこで、デュアリスに替わる通勤車として、次の条件を基に探すことにした。

①燃費が良い
②価格が安い
③周りとカブらない

この3つを同時に満たした(というか、③を満たした上で①②を満たした)のが、バレーノである。

元々乗り潰す予定だし、下取りも期待していないため、試乗車上がりの中古を買うことにした。

グレードは、1.0Lターボ+6ATの「XT」(セットオプション装着車)である。
以前乗った1.2L+CVTでも走りは十分だったが、自分の思ったタイミングで変速がしたかった(パドルシフトが付いてくる)のと、バレーノと言えばターボということで。

ボディカラーは、無難なシルバーか、黒か、「レイブルー」という緑掛かった薄青が良かったが、たまたま県内のディーラーにあった「アーバンブルー」にした。
ネットの画像ではスバルみたいな真っ青かと思ったが、実際には濃紺掛かっていて、思ったよりも落ち着いて見える。

しかし、現行車でここまで見かけない車も、後にも先にも無いのではないか。
発売から2年は経過したが、走っている姿は数台しか見たことがない。

デュアリスは、CMの影響からかマイナー車の割には知名度はある方だが、バレーノはまさに知る人ぞ知る珍車。
マイナー車人生を突き進むことになりそうである。

バレーノ

通勤で走行距離が伸びに伸びまくっているデュアリスに替わる通勤車として、候補に挙げている車である。
レンタカーで1日借りて試してみることにした。

インドからの逆輸入という代物。
発売から2年近く経つが、走っている姿は2~3回ぐらいしか見たことがない。
デュアリスよりマイナーなのは間違いないだろう。

だが、こういうマイナーな所が、自分には刺さるのである。

スタイリングは、スズキにしてはそこまで悪くないと思う。
フロントマスクは、最近の車にはない大人しい雰囲気で私好み。
インドでの税制の関係か、サイドビューはやや寸詰まりな気がする。
リヤは完全に日本車離れしていると思う。ポロに似てる的な意味で

借りたのは「XG」という、1.2L・NAの最廉価グレード。
自動ブレーキやシートヒーター、プッシュ式エンジンスイッチにアダプティブ・クルーズコントロールまで付いてるのにエアコンがマニュアル式という謎仕様である。
本当は1.0Lターボを試してみたかったが、レンタカーなのでこの点は想定済み。
日帰り温泉を目的地にして、東海環状を走ってみた。

車体が軽いおかげか、1.2Lでも結構走る。
91PS/910kgだと、137PS/1,430kgのデュアリスより走る計算なのか。
120km/hまでの巡航なら、常用回転域内で軽々とこなしてくれた。

高速での安定性も、軽い割にはあった方だと思う。
デュアリスほどではないが、タイヤが地面を捉えている感じがする。
ハンドリングも、スポーティというよりはジェントルな印象。

ただ、CVTによる変速のもたつきが気になる。
追越しを掛けようとすると、1テンポ遅れて加速が始まる感じ。
それと、下り坂の時など、マニュアルモードが欲しい場面もあった。
その辺りは、6ATでパドルシフトが付くターボの方が良いかも知れない。

シートは左右方向のブレを抑えてくれるので、長時間の運転には問題なさそう。
ただ、デュアリス並に中央部が軟らかい方が、腰への負担は少なくなると思う。

バレーノの最大の魅力(?)は、価格だと思う。
最上級仕様の「XT」(1.0Lターボ+本革シート仕様)でも170万円という価格は、最近の軽よりも安い。
同価格帯のスイフトと比べて知名度も無いので、低走行距離の中古を狙いに行くと更に安く買える。
ナビ、ETCを付けても150万で抑えられる。個人的に、スズキに出せる金額はコレぐらい

ただ、現行のスイフトと比較して、自動ブレーキ周りの装備が気になる。
バレーノに比べると、スイフトは1世代新しくなっている。
自動ブレーキの作動範囲が上がるのもそうだが、一緒に付いてくるサイド&カーテンエアバッグ、オートハイビームは、個人的には欲しい装備。
もう一つ、ターボエンジンのレギュラー対応化も気になってはいる。(バレーノはハイオク仕様)
が、1割ほどスペックが落ちるので微妙な所。
販売ボリューム的にインド市場優先ではあるが、この辺りが今後仕様変更されるのか気になる所である。

現状、通勤用としては筆頭。
ただ、デュアリスからの乗り換えではなく、増車する方向で行けないか。
駐車場の確保とか色々問題はあるだろうが、ただでさえマイナーなデュアリスのタマ数が少なくなっている今、意地でも乗り続けたい気もする。

乗り換えるか、2台持ちにするか、今の車を乗り続けるか。
デュアリスの車検までには結論を出したい。

きなり食堂(春日井)

ランチタイムに食べに行ってきた。
休日限定の「昭和の洋食ランチ」(サラダ・ライス・赤だし付き、2,052円)である。
ハンバーグにエビフライ、カニクリームコロッケという、洋食の王道が楽しめる。

ハンバーグはパン粉多めの、昔ながらの洋食屋スタイル。
その分、肉汁がしっかり閉じ込められていて、飛騨牛を使っているだけあって、肉に味がある。
エビフライは、パン粉粗めの、これまた昔からお馴染みのタイプ。
この店の名物というカニクリームコロッケは、ホワイトソースじゃない、自分が今まで食べたものとは違うタイプだった。

しかし、お昼に2,000円は、自分にはセレブすぎる価格。
店の雰囲気的にはもうちょっとリーズナブルかと思っていたが、セットを注文すると基本的には1,500円クラス。
「洋食屋さん」で味わう贅沢を、肩肘張らずに楽しめると思えば妥当の範囲内なのか。

人をもてなす時があれば、再度訪ねてみようと思う。

満足度:4.5/5.0

ヴォクシー

旅行の際、レンタカーでヴォクシーを借りてきた。
男3人旅なのでワゴンタイプ(ウィッシュ、アイシスetc)で予約したはずだったのだが、まさかの箱型とは…

エアロ付きの白色という、ヴォクシーだと結構見かける仕様。
出始めた当初は変テコなデザインだと思ったが、1日に何台も見かけ続けると、もう見慣れてしまった。
それどころか、よくよく見るとメッキ控えめで、ギラギラ系が苦手な私としては意外にも良いんじゃないかとも思えてしまう。

見た目は相当に大きい印象であるが、乗り込んでみるとそれほど大きさを感じさせない。
この手の車の場合、自分としては横幅よりも長さが気懸かりになることが多いのだが、ヴォクシーは2BOXライクな感覚で運転できるのが良い。
スクエアな車体だけあって、左右の見切りがよく、左後ろの視界も良かったせいなのだろうか。

走りは思った以上に良かった。
デュアリスより車重も空気抵抗も大きいため、走りは期待してなかっただけに、予想以上であった。
寧ろ、ヴォクシーからデュアリスに戻った時に「走らねぇな」と思ってしまうほど。
停止時からの発進は流石にデュアリスほどではないが、街中では思った通りに加速してくれる。

特に、高速での走行性には驚いた。
エンジンパワーのあるおかげか、デュアリスとは違って登坂時の速度の落ち込みがない。
120km/hでの巡航でも横風に煽られず、安定した走行ラインを描いてくれる。
その分、ステアリングは若干軽めな気がする。
小気味良いと言えばそれまでかも知れないが、自分としてはデュアリス並に適度に重い方が好みである。

しかし、男3人でヴォクシーは、持て余すぐらい広々快適であった。
2列目シートでアームレストを両側下ろし、足を組める贅沢さは、うちのデュアリスでは真似のできない芸当である。
旅先から名古屋に帰った後、返却まで時間があったため、連れをもう一人呼び、計男4人で回転寿司を食い、温泉に入りに行くという、マイルドヤンキー的な使い方も体験出来た。

広々としていて、思い通りに走れて、下取りまで良い。
旅行から近所のイオンモールまで、楽々行ける取り回しの良さ。

今までミニバンは絶対買わない(百歩譲ってデリカD:5)つもりだったが、将来的な選択肢として悪くないと一瞬思ってしまった。
ただ、ヴォクシー、ノア、エスクァイアとある中で、今ならガッキーが助手席に乗ってくれるノアが最有力候補か。