作成者別アーカイブ: 点滅男

点滅男 について

名古屋の大学で数学科院生をしてた人。とうとう社会人になってしまった。

ノート e-POWER

デュアリスの定期点検でディーラーに行った時に、暇潰しに乗ってきた。
ちょうど商談で忙しい時間帯だったのか、「試乗コース分かるよね?」ってな感じで、私一人で乗り回した。
助手席にディーラーの人がいると下手に気を遣うので、私としては逆に有難かった。

アクアやフィット同様、形式的にはエンジンとモーターのハイブリッド車。
しかし、ノートの場合、モーター走行が主体で、エンジンは発電機的な役割である。
そのため、走行感覚はガソリン車とは大きく異なる。

モーター特有の、初期のトルクの立ち上がりが凄い。
1,200kg前後の車重で26kgf・mのトルクは伊達じゃない。
デュアリスも車重の割には出足が良い方だが、この車から戻ってみると「走らねぇな」と思ってしまう程である。

ディーラーの人に言われた「走行モード」を試してみる。
「S-モード」「ECO-モード」にすると加速が鋭くなったり、穏やかになったりする。
しかし、減速度が異様に大きいのが気になった。
特に60~70km/hからの速度の落ち込みが激しく、思うような速度調整が難しい。
ガソリンエンジン車とは違う技術が必要そうである。

そもそも、デュアリスが動かなくなった時に(通勤用としての)買い替え先に”ほんの一瞬良いな”と思ったのが、試乗のきっかけ。
燃費も25㎞/L以上は確実そうだし、売れ行きも上々なので将来的な下取りも問題はなさそう。

しかし、デュアリス以上の装備、機能が付いてるとは言え、本体価格220万は高すぎる。
特に内装は頂けない。
ピアノブラックで無理に上質に見せようとする手法は、私としては痛々しくて受け付けない。

そんなことはどうでも良いが、シフト周辺はどうにかならなかったのか。
他社のハイブリッドとは違うというアピールをしたいのは分からんでもないが、純電気自動車のリーフから持ってきたシフトレバーが異様に浮きまくっている。
それでいて、サイドブレーキが従来の手引き式という、何ともシュールな光景。
まぁ、手引き式マンセーの私としては有難がるべきなのかも知れないが。

走行モードスイッチが座面真横のかなり低い位置にあるのも良くない。
あの位置じゃ思った時に使えない。ステアリングスイッチに埋め込んだ方が良いと思う。

現時点では候補対象外としておく。
乗り替え先探しはまだまだ続くのである。

カントリーハウス(春日井)

知り合いが春日井に来た時に連れて行った。
「サーロインステーキ(170g)」(ご飯・サラダ・スープ付き、3,000円)を食す。

肉質は適度に柔らかく、それでいて肉自体に味がある。
和風(?)ソース、岩塩、刻みわさび、ガーリックと、味の変化を楽しめるのも良い。
最初は、一番小さい170gでも結構なボリュームだと思っていたが、余計な脂分が取り除かれていたせいか、胃もたれせず食べ切れてしまった。
この店の売りである500gも案外行けるかもしれない。

しかし、そうそう気軽に食べに行ける価格ではない。
が、大手チェーンでも似たような価格だし、最高級牛肉を使っていることを考えると納得の範囲内か。
給料日とか、財政が潤った時期に、胃袋の若い者を連れて再度訪れてみたい。

満足度:4.5/5.0

ハンバーグ☆RISE(守山区)

「ハンバーグランチ」(ドリンク付き・1000円)を食べに行った。

日替わりで3種類の中から選択出来るようで、その中から写真の「ゴマだれチーズ」を選択した。

ハンバーグは、1人前にしては結構なボリューム。
固すぎず、柔らかすぎないタイプで、箸を入れると肉汁が溢れてくる。

ゴマだれは、甘みがかなり強めで、チーズと相まって濃厚な味わい。
個人的にはもう少し甘さを抑えて、サラッとしている方が好みである。
鉄板の熱でゴマだれが固まってしまい、ハンバーグに絡ませづらかったので、別皿に用意するなどしても良いと思う。

店主一人で切り盛りされているようで、注文すると店主自身が一つずつ焼いてくれる。
店の存在に気付きにくく(店の周りを2~3周してしまった)、席数も少ないが、手作り感溢れるハンバーグが食べられるのは、何とも嬉しいところである。

満足度:5.0/5.0

代車

車検の際、代車としてモコを借りてきた。
事前に軽だとは聞いてたが、まさかのピンクとは…

「モコドルチェ」という、軽によくあるカスタムタイプの車。
ホイールサイズからして恐らくNA仕様であろう。

先代エルグランドに似た大きなメッキグリル。
カスタム系にありがちな、メッキゴテゴテ感が控えめなのが良い。
が、家にあるノーマルモコと見比べると、やっぱりノーマルの方が良いなと思ってしまう。

内装は、如何にも女の子女の子した仕様。
合皮シートは見た目には豪華だが、つるつる滑って安定性がなさそう。
四角い車体だけあって、室内は広々していて、視界も良好である。
狭苦しくて前も後ろも横も見えないデュアリスに乗り慣れていると、開放的過ぎて逆に怖い時がある。

スズキ製ということでエネチャージが付いている。
エアコンを掛けている状態ながら、加速は中々良い。
エンジン自体も、低速からしっかりトルクが出ている印象。
タコメーターが無かったので感覚で言うが、2,000rpm前後で引っ張っていると思う。
どの回転域でも全然走らないデイズに比べると段違いである。

回生ブレーキで充電を行うため、アクセルを離した際の減速度が大きいのが気になる。
今更言うことでもないが、アイドリングストップが煩わしくなる時がある。
それと、ブレーキの利きが良くなかった。
慣れてしまえばどうってこと無いのだろうか。

大垣市の平野部の幹線道路を中心に走った結果、平均燃費は約24km/Lであった。
80km/hまで普通に走れて、装備も良くて、燃費もここまで良いと、軽で十分と一瞬思ってしまう。

ただ、今回みたいな女子力高めな車に、私が乗っても画にならないということがよく分かった。
言うまでもなく分かってた事ではあるのだが…
彼女奥さんの車を運転してる感も出そうと思ったが、こちらも難しそうである。
これも、言うまでもなく分かってた事だが。。

車検

3度目の車検を受けてきた。

大学の頃から乗り続けてはや6年、走行距離も9万kmを超えた。
ヘッドランプの黄ばみとか本革ステアリングの破れとか、それなりに年季の入った部分もあるが、走行に関しては大きなトラブルも無く乗れている。

今の悩みといえば、買い替え候補が無いというところか。
10万kmを超えると急にガタが来そうな気がしてならないため、買い替え先を見つけなければならぬ時期ではある。
しかし、デュアリスで事足りている現状、コレを超えるものは中々見つからないと思う。
デュアリス乗り特有の悩みなのだろうか。

飽くまで壊れた時の話ではあるのだが。
不人気車故リセールも期待できないので、寿命を迎えるその時まで乗り潰すことになると思う…

続きを読む

魚嘉(春日井)

2月辺りに「日替わり定食」(1,500円)を食べてきた。
旬の焼き魚ということで、この日は「鰆の塩焼き」であった。

鮮魚店で食べられるだけあって、どれも新鮮で美味しい。
鰆は脂が乗りに乗っていた。
外側は香ばしく焼けていて、身は柔らかい。

IMG_1263[1]
セットメニューも中々に充実している。
右上の小鉢はカウンターに並べられたものから一つ選べるというもの。
刺身までついて、その上ご飯おかわり自由という、大満足なボリューム。

ここまで新鮮な魚料理が春日井で頂けるというのは何とも嬉しいところ。
かなりお得なランチがあるとのことなので、再度訪れたいものである。

満足度:5.0/5.0

カフェテラスアカネ(春日井)

随分前ではあるが、「アカネランチ」(ドリンク付・900円)を食べてきた。

私が訪れた日は以下のラインナップであった。

  • 豚の生姜焼き
  • 白菜のおろし和え
  • 関東煮
  • 葡萄ゼリー

生姜焼きは脂っぽさを抑え、薄すぎない味付け。
おろし和えは、白菜の甘みが楽しめるのが良かった。
関東煮は多少薄味な気がしたが、出汁がしっかり利いている感がある。
葡萄ゼリーは手作りしてるのか分からなかった。こういうちょっとしたデザートが付いてくるのは嬉しい。

ご飯も多めの盛り付けで、全体として満足のいくボリュームであった。
家庭的な味わいがあって、それでいて栄養バランスも考えられている。

テラス席もあってオシャレな店構えでありながら、どこかアットホームな雰囲気もする。
こういうカフェなので女性客は当然多いが、ランチ目当ての男性客も多いという印象である。

満足度:5.0/5.0

IMG_1178[1]
表看板より。

IMG_1175[1]
メインの「豚の生姜焼き」

IMG_1176[1]
小鉢たち。「白菜のおろし和え」が見切れてしまっている。

IMG_1177[1]
デザート。葡萄ゼリーだったと記憶している。