きなり食堂(春日井)

ランチタイムに食べに行ってきた。
休日限定の「昭和の洋食ランチ」(サラダ・ライス・赤だし付き、2,052円)である。
ハンバーグにエビフライ、カニクリームコロッケという、洋食の王道が楽しめる。

ハンバーグはパン粉多めの、昔ながらの洋食屋スタイル。
その分、肉汁がしっかり閉じ込められていて、飛騨牛を使っているだけあって、肉に味がある。
エビフライは、パン粉粗めの、これまた昔からお馴染みのタイプ。
この店の名物というカニクリームコロッケは、ホワイトソースじゃない、自分が今まで食べたものとは違うタイプだった。

しかし、お昼に2,000円は、自分にはセレブすぎる価格。
店の雰囲気的にはもうちょっとリーズナブルかと思っていたが、セットを注文すると基本的には1,500円クラス。
「洋食屋さん」で味わう贅沢を、肩肘張らずに楽しめると思えば妥当の範囲内なのか。

人をもてなす時があれば、再度訪ねてみようと思う。

満足度:4.5/5.0

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中