ヴォクシー

旅行の際、レンタカーでヴォクシーを借りてきた。
男3人旅なのでワゴンタイプ(ウィッシュ、アイシスetc)で予約したはずだったのだが、まさかの箱型とは…

エアロ付きの白色という、ヴォクシーだと結構見かける仕様。
出始めた当初は変テコなデザインだと思ったが、1日に何台も見かけ続けると、もう見慣れてしまった。
それどころか、よくよく見るとメッキ控えめで、ギラギラ系が苦手な私としては意外にも良いんじゃないかとも思えてしまう。

見た目は相当に大きい印象であるが、乗り込んでみるとそれほど大きさを感じさせない。
この手の車の場合、自分としては横幅よりも長さが気懸かりになることが多いのだが、ヴォクシーは2BOXライクな感覚で運転できるのが良い。
スクエアな車体だけあって、左右の見切りがよく、左後ろの視界も良かったせいなのだろうか。

走りは思った以上に良かった。
デュアリスより車重も空気抵抗も大きいため、走りは期待してなかっただけに、予想以上であった。
寧ろ、ヴォクシーからデュアリスに戻った時に「走らねぇな」と思ってしまうほど。
停止時からの発進は流石にデュアリスほどではないが、街中では思った通りに加速してくれる。

特に、高速での走行性には驚いた。
エンジンパワーのあるおかげか、デュアリスとは違って登坂時の速度の落ち込みがない。
120km/hでの巡航でも横風に煽られず、安定した走行ラインを描いてくれる。
その分、ステアリングは若干軽めな気がする。
小気味良いと言えばそれまでかも知れないが、自分としてはデュアリス並に適度に重い方が好みである。

しかし、男3人でヴォクシーは、持て余すぐらい広々快適であった。
2列目シートでアームレストを両側下ろし、足を組める贅沢さは、うちのデュアリスでは真似のできない芸当である。
旅先から名古屋に帰った後、返却まで時間があったため、連れをもう一人呼び、計男4人で回転寿司を食い、温泉に入りに行くという、マイルドヤンキー的な使い方も体験出来た。

広々としていて、思い通りに走れて、下取りまで良い。
旅行から近所のイオンモールまで、楽々行ける取り回しの良さ。

今までミニバンは絶対買わない(百歩譲ってデリカD:5)つもりだったが、将来的な選択肢として悪くないと一瞬思ってしまった。
ただ、ヴォクシー、ノア、エスクァイアとある中で、今ならガッキーが助手席に乗ってくれるノアが最有力候補か。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中